西野嘉章『書姿考――拙著造本篇』
new
60117025c19c4552c9f3dc8e 60117025c19c4552c9f3dc8e 60117025c19c4552c9f3dc8e 60117025c19c4552c9f3dc8e 60117025c19c4552c9f3dc8e 60117025c19c4552c9f3dc8e 60117025c19c4552c9f3dc8e 60117025c19c4552c9f3dc8e 60117025c19c4552c9f3dc8e 60117025c19c4552c9f3dc8e 60117025c19c4552c9f3dc8e 60117025c19c4552c9f3dc8e 60117025c19c4552c9f3dc8e 60117025c19c4552c9f3dc8e 60117025c19c4552c9f3dc8e

西野嘉章『書姿考――拙著造本篇』

¥3,700 税込

送料についてはこちら

http://inunosenakaza.com/syoshikou.html 「本書にはわたしの学んだ造本に関する知識のすべてが盛り込まれている。自ら書き、造り、語る、という長年夢に見てきた書物がようやくにして実現したのである。」  美術文献学や博物館工学など、様々な角度から芸術の歴史、技術、実践を総合的に問う第一線の研究者でありながら、自著の装釘や、館長を務めるインターメディアテクや東京大学総合研究博物館での画期的展示を数多く手がけてきた実作者としても知られる、西野嘉章。本書は一九七〇年代初めの同人誌から近刊書まで、半世紀に亘る「拙著出版史」であり「拙著造本批判」である。  印刷博物館にて行なわれた講演原稿「造本批評拙著篇」をはじめ、自らが手掛けてきた多数の書物を通じて縦横無尽に語られる印刷/芸術/書物論。それは、代表作のひとつ『装釘考』のカウンター・パートを成すと同時に、若者らへ向けての極めて具体的な方法論の開示となる。装釘・造本は『村上善男――玄々とした精神の深みに』(第52回造本装幀コンクール 経済産業大臣賞 受賞)と同じく西野嘉章+山本浩貴。カラー図版多数。限定出版。 発行所:東京大学総合研究博物館「インターメディアテク」 装釘・造本:西野嘉章+山本浩貴 印刷所:秋田活版株式会社 発売:いぬのせなか座 ※小口側を黒く塗っていないバージョンも、極少部数、販売致します。以下よりご覧ください。 https://inunosenakaza.stores.jp/items/6011712924386074721339e3 ※西野嘉章+山本浩貴による装釘・造本の以下2冊も、ぜひあわせてご検討ください。 ・西野嘉章『村上善男――玄々とした精神の深みに』https://inunosenakaza.stores.jp/items/5c1da3c9e73a2563624f550e ・西野嘉章『雲の伯爵 富士山と向き合う阿部正直』https://inunosenakaza.stores.jp/items/5fb9ce968a45720dd5db5d65