new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/11

笹野真『手のひらたちの蜂起/法規』(いぬのせなか座叢書6)

2,300円

送料についてはこちら

[いぬのせなか座叢書6] https://inunosenakaza.com/book/20231127 きっとしかしその通りなのだろう 歩んだ先から足跡を否定する音 手のひらたちの蜂起 / 法規 当然の帰結としてではなく 影あのように立ちあがって 空を削って燃やす 底を打って浮かび上がってくるの波浪 振り返ると法が現れる ―――――――――――  いぬのせなか座叢書第6弾。一切のプロフィールを明かしておらず作品の発表歴も無い、まったく無名の新人による第一詩集。  収録されている詩には一切タイトルがなく、縦書きと横書きが混在し、視覚詩や短歌連作のような特殊なレイアウトのページもある。一行ごとに同語反復めく貧しい論理を形作りながら、それでいて読み進めると、特異な身体感覚も喚起されていく。  高度に抽象的な記述があったかと思えば、一方で動物たちや言葉遊びをめぐる記述も連なる。そうして生まれる奇妙な事物同士の写し合い、にこやかな抒情は、詩歌の読者や作り手はもちろんのこと、ダンスや演劇、美術などに関わるひとにも強く響くだろう。  詩篇の並び順は、いぬのせなか座第1期メンバーで詩人の鈴木一平と主宰の山本浩貴が編集・構成。デザインは、同じくいぬのせなか座の山本浩貴とhが担当。叢書第3弾『光と私語』と同様のプラスチックカバーで、しかしこの詩集ならではの仕掛けがいくつも施されている。 【関連ツイートまとめ】 https://togetter.com/li/2270161 ――――――――――― 発行:いぬのせなか座 発売日:2023年11月27日 判型:210mm×90mm 64ページ 造本:無線綴じ プラスチックカバー 編集:山本浩貴+鈴木一平 装釘・本文レイアウト:山本浩貴+h 価格:2,300円(税込)

セール中のアイテム